筋トレ先進国アメリカで超売れているプロテイン7選

proteinrank10-bbcom
The following two tabs change content below.

岩本 良男

慶應義塾大学商学部卒業。NSCA正会員パーソナルトレーナー(CSCS取得準備中) ダイエット・筋トレ・サプリ・プロテインなどを考察するのが趣味。

新宿・六本木・麻布で出張パーソナルトレーニングをしている岩本良男です。
(この3エリア以外にも出張しておりますので、問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください)

本日のテーマは海外製プロテインです。

プロテインと一口に言っても、いまや世界中に何千種類という商品が販売されており、自宅にいながらボタン1つで世界中のプロテインをすぐに注文できます。

ですが、海外製プロテインという響きだけで「なんとなく不安…」な感覚に襲われてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、プロテインやサプリメントは日本よりもアメリカのほうが先進国。国民のほとんどがサプリを買って飲んでいるほど浸透しているので、むしろ日本よりもアメリカのほうがサプリに求めるクオリティと安全性はケタ違いに高かったりします

1. アメリカ製プロテインについて

まずはアメリカで嗜まれているプロテインの誤解から解いていきたいと思います。

1-1. 最初は日本製プロテインを飲んでました

ザバスソイプロテイン

私がトレーニングを開始したのは2012年頃、サラリーマンとして名古屋に転勤して1年が経過した時期でした。

当時の私は解剖学や生化学の知識なんてゼロでしたので、どうしたら筋肉が大きくなるのか全く理解していませんでした。なので、トレーニングを始めた頃はプロテインすら飲んでいなかったのです。そのせいか、どんなにトレーニングしてもほとんど結果はでませんでした。。。

トレーニングを開始して6ヶ月くらいが経過して始めてプロテインを買いましたが、とりあえず明治さんが作ったザバスを飲みました。あの頃はなぜか「ソイプロテイン」をただ純粋に信奉していましたね笑

むしろ、海外製プロテインと聞くと「何か危ないものが入っているんじゃないの…」と根拠もない疑念を抱く始末でした…

 

1-2. 国産プロテインを飲んでいるトレーナーは少ない

中級以上のトレーナーはみな海外製プロテインを飲んでいる

その後、数年間はザバスのソイプロテインを買い続けたり、しばらくトレーニングから離れる時期などを経たのち、2016年からパーソナルトレーナーをはじめました。

修行として入社したジムでは、メンズフィジークやベストボディジャパンにも出場しているトレーナーの皆様が先輩として働いていらっしゃいました。

その先輩方のトレーニングや栄養管理を盗み見ながら学んでみた結果、中級者以上のトレーナーで国産プロテインを飲んでいる方は少ないということに気づいたのです。

 

この事実に気づいて以来、私も海外製プロテインについて積極的に情報収集をし、実際に自分で購入して飲んでみて、どの商品がいいのか考える日々を送っています。

そこで本記事では、海外製プロテインの選び方や特徴をまとめていき、まだ国産プロテインしか飲んだことが方のお役に立てれば幸いです。
ランキングの順番は、Bodybuilding.comという超大手の海外サイトで紹介されているプロテインランキングに準拠しています。

 

プロテインランキングベスト7!

当ブログのランキングは2017年1月19日時点におけるBody Building.comのランキングに基づいております(CountryをUnited Statesに指定)。

したがって、ご覧になられている時点でランキングが変動している可能性がある点はご了承ください。

第1位 ゴールドスタンダード100%ホエイ(Optimum Nutrition)

ゴールドスタンダード100%ホエイ

筋トレ大好きな方なら1度は名前を聞いたことがあるはず。ホエイプロテインといえば『ゴールドスタンダード 100%ホエイ』を指す人も多いです。

私も現在、ゴールドスタンダードのクッキークリーム味を毎日飲んでいます。

特長① 味(フレーバー)の種類が多い!

ひと昔前はプロテインといえばマズイものでした。私も高校時代、バレーボール部の先輩から勧められたときは、あまりのマズさに吐いてしまったくらいです。

でも、最近のプロテインはもはやお菓子みたいに美味しいですよ。当然ながら砂糖は全然入っていないのでジュースほど甘くはありませんが、冷たい牛乳で混ぜればマックシェイクみたいな味になるプロテインもあります。

特にこのゴールドスタンダードシリーズは味(フレーバー)の種類がとっても豊富。必ず皆様のお口に合うテイストが見つかると思います。

Flavors of GS
私はこれまでダブルリッチチョコレートとクッキー&クリームの2種類しか飲んだことがありませんが、ダブルリッチチョコレートを飲んだ時の鼻を通る香りは、ハーゲンダッツのチョコ味の香りと似ています。

甘いのが苦手という方のために、よりナチュラルな風味バージョンもあります。

ゴールドスタンダードには甘さを抑えたナチュラル風味があります。
ちなみに、どの味でもタンパク質は24gに統一されています。

proteinrank10-bbcom_03
私はかなりの甘党なので、クッキー&クリームを飲みきったあとは、ストロベリーバナナ味を試してみようと思っています。

 

特長② アミノ酸スコアが100!

アミノ酸スコアをご存知でない方は、プロテインスコア・アミノ酸スコア・PDSCCAの違いをまとめた記事をご覧ください。

ゴールドスタンダードはアメリカ産プロテインですので、アミノ酸評価に用いられているのはPDSCCA基準です。PDSCCAは、従来のアミノ酸スコアで算出された数値に吸収率を加味して補正した評価基準。つまり、含有バランスだけではなくどれだけ効率的に吸収されるかも考慮した上でのスコアになります。

GS_Click

 

第2位 ニトロテック(MuscleTech)

NITRO-TECH_01

第2位はMuscleTech社が作っている『NITRO-TECH』です。ゴールドスタンダードと同じように海外でトップクラスの流通量を誇る大人気プロテインです。

クレアチン・BCAA・グルタミンが摂取可能!

ニトロテックはタンパク質だけでなく、BCAA(分岐鎖アミノ酸)・クレアチン・グルタミンも一緒に摂取できます。

NITRO-TECH_02

筋肉の中にあるクレアチン量が増加していると、重いものをもちあげる運動をしても筋肉が疲れにくくなります。また、トレーニングした後の筋肉痛も軽減されるので、男性だけでなく女性にもおすすめですよ!

1杯でタンパク質が十分摂取可能!

日本製プロテインだと、筋トレ後に必要な量のタンパク質を摂取するためには1.5杯~2杯は飲むないと十分でなかったりします。そうするとお腹もタプタプになりますし、何よりお金がかかってしまうんですね。

ニトロテックなら1杯で十分な量のタンパク質を摂取できます。

NITRO-TECH_03
ちなみに、第1位のゴールドスタンダードが1すくいで24gなのに対して、ニトロテックなら30gのタンパク質を摂取できます。
NITRO-TECH_03

 

第3位 ブロジム(JYM)

JYM PRO JYM_01

第3位はJym社が提供している『Pro Jym』がランクインしました。

筋肉が成長しやすい!

JYM PRO JYM_02rev

JYM社の研究によると、吸収速度の速いホエイプロテインだけを摂取した場合よりも、ホエイタンパク質に吸収速度が中間の卵白性タンパク質と、吸収の遅いカゼインタンパク質を混ぜて摂取したほうが、筋肉のタンパク質合成が長く続くそうです。

筋肉のタンパク質合成が長く続くということは、筋肉の成長が促進されるってことですね!

iHerbで買えないのが難点

『Pro Jym』の残念なところは、iHerbで購入できないところですね。。。Body Building.comで買えるからいいのですが、iHerbのほうが購入したときのポイント還元率なども高いから、iHerbで買いたいんですよね…

 

第4位 シンサ6(BSN)

BSN SYNTHA-6_01

牛乳と混ぜたら最高にうまいらしい

私はまだ『シンサ6』を試したことがないのですが、海外のレビューをみていると「今まで試したプロテインで1番美味しい!牛乳に混ぜたらまさにシェイクと同じだった!」とか、味に関する高評価がとても多かったです。

中には、「うちの子供たちも好きです!」なんて口コミもありました。お子さんが気にいるってことは、本当においしいんでしょうね。

今あるプロテインがなくなったら、ぜひ試してみたいプロテインリストに加えておきます。

BSN SYNTHA-6_link

 

第5位 スタックドプロテイン(EVLUTION NUTRITION)

EVLUTION NUTRITION STACKED PROTEIN_01

『Stacked Protein』はEVOLUTION NUTRITION社が販売しているプロテインです。アメリカでの販売ランキングでは第5位です。

グルテンフリー

EVLUTION NUTRITION STACKED PROTEIN_02

グルテンという名前を聞いたことがございますでしょうか。Wikipediaでの説明では以下の通り。

小麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種。麺類やパンなど、小麦加工品を作る上で弾性や柔軟性を決定し、膨張を助ける重要な要素となっている。

まだ研究段階らしいので個々人でご判断いただければと存じますが、グルテン摂取には腸内環境の変異や運動能力の低下を及ぼすリスクがあるそうです。

なので、気になる方はグルテンフリーのプロテインを選んでみてもいいと思います。

グルタミン・BCAAなどを含有

EVLUTION NUTRITION STACKED PROTEIN_03

『Stacked Protein』にはプロテインだけでなく、グルタミンやBCAAも含まれています。グルタミンが不足すると筋肉を分解(カタボリック)することでグルタミンを補おうとするので、せっかく鍛えた筋肉が小さくなってしまうのです。

なので、トレーニング中・ダイエット中の方などは特にグルタミンを摂取しておいたほうがいいですよ。

EVLUTION NUTRITION STACKED PROTEIN_01

 

第6位 ISO-100(DYMATIZE)

DYMATIZE ISO-100_01

第6位はDymatize社が製造・販売しているプロテインである『ISO-100』です。

1杯あたりにBCAAが5.5g!

BCAAとは必須アミノ酸の中にあるバリン・ロイシン・イソロイシンのことを指しています。BCAAが不足している状態でトレーニングすると、筋肉の分解が促進されてしまうのです。

低カロリー低糖質

『ISO-100』はダイエット中の方におすすめのプロテインです。もともとほとんどのプロテインにはカロリーが少なく、砂糖もあんまり含まれていないのですが、この『ISO-100』は特に低カロリー低糖質です。

『ISO-100』

よく誤解されているのですが、プロテインを飲むと太るわけではありません。食事の代わりにプロテインを摂取すると、血糖値の上昇が抑えられることで空腹感が少なくなるので、食べるご飯の量が減り太りにくくなります。

 

DYMATIZE ISO-100_Link

 

第7位 ゴールドスタンダード100%カゼイン(Optimum Nutrition)

OPTIMUM NUTRITION GOLD STANDARD 100% CASEIN_01

ゴールドスタンダード100%ホエイといえば、どの海外サイトでも1位になっている大人気のプロテインシリーズです。

このゴールドスタンダードのカゼインタンパク質版がこの『ゴールドスタンダード100%カゼイン』です。

寝る前の摂取が効果的!

カゼインタンパク質の特徴は吸収が遅いことです。通常、トレーニング直後はなるべく早くタンパク質を補給してあげないと効果がないので、吸収の早いホエイプロテインを摂取します。

ですが、カゼインのプロテインは寝る前に摂取します。というのも、就寝時は胃が空っぽの状態が続いてしまうので、筋肉の分解(カタボリック)が進んでしまうのです。カゼインは吸収に6~7時間ほどかかるので寝ている間にずっと吸収することができ、筋肉の分解が抑制されるのです。

OPTIMUM NUTRITION GOLD STANDARD 100% CASEIN_Link

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

海外製プロテインって聞くだけで、なんとなく不安なイメージをもってしまう方は多いだろうと思います。ですが、アメリカのほうが筋力トレーニングが文化レベルで根付いていますし、ボディビルダーじゃなくても筋トレを習慣化しているのです。

日本よりも栄養やトレーニングの知識レベルが高い市場で競争にさらされているわけですから、私はむしろ品質が高いはずだと思います(私自身も、初心者の頃は不安を感じていましたが…)。

ご相談がおありの方は、お問い合わせフォームからご連絡いただけますと幸いです!

宜しくお願いいたします!

proteinrank10-bbcom

シェアしてもらえると励みになります!

ABOUTこの記事をかいた人

慶應義塾大学商学部卒業。NSCA正会員パーソナルトレーナー(CSCS取得準備中) ダイエット・筋トレ・サプリ・プロテインなどを考察するのが趣味。